Vaseline Lip Therapy Limited Edition @ Selfridges

2012/09/10 § コメントする

イギリスで定番のリップクリームといえば、Vaseline Lip Therapy。直径4cmのシンプルなジャーに入った、何の変哲もないリップバーム。でも、素朴なデザインとお手頃な価格、そして抜群の保湿力で人気です。

一番の定番は、Original(Blue)。それ以外にAloe Vela(Green)、Sun protection(Brown)とRosy Lips(Pink)があります。それぞれ£1~2程度で買えて、プチプラで優秀です。

さて、そんなVaseline Lip Therapyから、Limited Edtionが発売になります。その名も「Bubbly Pink」。かわいい名前ですね。シャンパンのイメージの、高級感あふれる限定品です。

今回は、SelfridgesのOxford Streetでの限定発売。ただ、恐らくは、その後ドラッグストアでも販売される予定だと思われます。

それにしても、高級感のあるかわいいパッケージですね。お値段は通常の倍の価格で£3.95。でも、決して高いわけではないので、おみやげにぴったり。

9月12日までSelfridges Oxford Streetにて限定販売です。

 

Santa Maria (Pizza)

2012/09/10 § コメントする

どこの国でも必ずといって良いほどあるのが、中華とイタリアン。ロンドンも例外ではありません。

ロンドンにもあまたのイタリアンレストランがそこら中にあります。Fish & Chipsと同様、おいしい店を探すのは至難の業です。新しい店がOPENしては、消えていくのです。

先週末、評判の良いPizza屋さんに行ってきましたので、ご紹介します。

セントラルからは少し離れた、Ealing Broadwayにあるそのピザ屋さん。観光で訪れていたら、決して行く事はないのでは?Ealing Broadwayはロンドンの西にある、閑静な住宅街です。ちなみに、日本人学校が近く、セントラルからも遠くないので、たくさんの日本人が住んでいます。

今回行ったのは、Ealing Broadwayの駅から歩いて15分程のところにある「Santa Maria」というレストラン。駅からは決して近くないのですが日曜のランチだったせいか、並ぶ事はなくても、ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。ここは、2010年のロンドンで一番おいしいPizzaのお店として雑誌に掲載されました。また、人気ガイドのTime OutのLodnon Top 10 Pizza Restaurantにも入っています。

Pizzaの種類は15種類ほどで、私はアンチョビのPizzaを頼みました。相方はマルゲリータ。そのまえに、イタリアでは前菜のド定番、「ブルスケッタ」を頼みました。「ブルスケッタ」は、非常にシンプルな食べ物で、トーストしたパンの上に、スライス(もしくは細かく切った)トマトと、バジル、塩とオリーブオイルを乗せた物です。ここのブルスケッタは、パンが石釜でトーストされていたせいか、パンがふっくらしてジューシーでおいしかったです。

さて、Pizza。一口にPizzaと言っても、色々と種類があります。地方によって、ローマのピザはクリスピー、ナポリのピザは柔らかいなど違いがあります。Santa Mariaはナポリのピザ。柔らかめです。

私の頼んだアンチョビは、オリーブが乗っており、少し塩がきつめでした。相方のマルゲリータは、シンプルで非常においしかったので、私はそっちの方がお好みでした

セントラルからは少し遠いですが、周辺には大きい公園もあり、駅前は結構開けているので、足を伸ばしてみるの楽しいかもしれません。

KERBISHER & MOLT (Fish & Chips)

2012/09/06 § コメントする

Fish & Chipsはイギリスの国民食。とは言っても、毎日は食べません。でも、たまに無性に食べたくなるのです。

でも、要はジャンクフードなので、おいしい場所を見つけるのは結構大変。そこら中にFish&Chipsの店はあるし、どこでも食べられるだけに、おいしい店は貴重。

今回は、私の行きつけKERBISHER & MOLTを紹介します。だいたい月に1回以上は行っています。店の雰囲気は、タイル張りの壁とさっぱりした木目の家具でシンプル。

魚は数種類から選べるのですが、私にはCod(タラ)しか分かりません。調理方法は、Battered(いわゆるFish&ChipsのFish、フライ)、Ssautéed(ソテー) かMatzo Meal(パン粉のような粗い衣のフライ)から選べます。

そして、Chips。非常にクリスピーでボリュームのある黄金色のポテトフライです。しかも、凄い量。でも非常においしいです。

Favorites(その他のFish Dishes的な)も豊富で、私はFishcake(魚のコロッケ)とCalamari(イカリングフライ)のどちらかをいつも頼みますが、絶品。実はWhitebait(小魚のフライ)も試してみたいので、次回こそは。

量がいつも多いので頼む機会がないので、Sidesにまでたどりつけていません。でも、もし初めてロンドンでFish&Chipsを食べるなら、Mashpeaあたりは付けたほうがいいかも。イギリス人はMashpeaが大好き。彩りもきれいだし、意外とおいしいです。ちなみに、他の人が頼んでるOnion Ringsを見て驚き。すごいボリュームでした。

量が多いので、二人でFish&Chipsをワンセットでおなかいっぱいです。地元民は、一人一セットで良く食べますが。


ちなみに、American Idolでおなじみのサイモン・コーウェルもここの常連。ということは、私の近所に住んでいるのか…

164 Shepherds Bush Road
London W6 7PB

+44 20 3556 0228

TUES-THURS
12.00-14.30 & 16.30-22.00
FRI-SAT 12.00-22.00
SUN 12.00-21.00
MON CLOSED

THE LONDON GIN CLUB

2012/09/06 § コメントする

ロンドン代表のお酒といえば、ジンです。日本だと、居酒屋などでジン・トニックを飲んだりできるので馴染みも深いと思います。せっかくロンドンに来たのなら、おいしいジンカクテルを味わいたくないですか?

ジンを味わうのにうってつけのバーがSohoにあります。その名もThe Stars at Night。素敵な名前ですね。バー自体はワインも飲めて、タパスも味わえるのですが、ここの売りは何と言っても選び抜かれたジンの数々。ここは別名The London Gin Clubと銘打っておいしいジンカクテルを提供しています。

ジン・トニックの種類だけでも50種類近くもあり、それぞれのジンに合う果物やハーブ(Garnish)をジンに添えて提供してくれます。また、トニックも数種類から選べます。もしどれを選んだら良いのか分からなければ、店員さんに聞けばすごく丁寧に教えてくれます。

私は、EDGERTON PINK GIN  47% garnish:  pomegranateというジンを飲みました。トニックはどれを使ったか忘れてしまったのですが、店員さんがお薦めしてくれた物にしました。私はお酒が強くないので酔っ払ってしまったのですが、非常に飲みやすくておいしいジン・トニックでした。また、盛り付け?が非常に気が利いていて、大きなプランデーグラスのようなグラスに氷とピンクに色づいたジン・トニック、ざくろの粒と何か素敵なハーブが一房入っていて、非常に美しかったです。

店内の雰囲気は60年代のMid-Century風で、落ち着いています。決して広くないのですが、何かゆったりした雰囲気でした。

The Star at Night a.k.a The London Gin Club

22 Great Chapel Street, London, W1 8FR

火~土 6pm – 11.30pm、ラストオーダーは11pm。

Where Am I?

Hipster London9月, 2012 のアーカイブを表示中です。