The Load Mayor’s Show (Festival)

2011/11/11 § コメントする

イギリス人はお祭り好きです。

どうしても、派手で楽しそうなことはアメリカ人のイメージですが、イギリス人も負けてません。すごい好きです。毎週どこかで、季節を問わずお祭りがあります。

“The Load Mayor’s Showは、およそ800年の歴史を持つお祭り。元々は、1213年にKing Johnがロンドンに市長を選ぶことを許可した。ただし、それには条件があった。毎年、市長就任の際、ウェストミンスター寺院に向けて隊列を作り国王に忠誠を誓わなくてはいけなかった。ロンドン市長は世界でも最古の選挙で選ばれた公職のひとつで、The Load Mayor’s Showは市長の毎年の行事が次第にお祭りとなったものです。”

公式ウェブサイトからの抜粋

お祭りは、主な催しはパレードと花火の2つ。パレードのルートは下記の通り。

午前中はパレードで、夕方は花火といった具合。その間は何を?と思う所ですが、いろいろすることはあります。土日ですと、サウスバンクでは何らか催しをやっていますし、この日に合わせて、セントポール寺院が無料で拝観できます。8時半開館で15時まで入れます。この機会に行ってみては??

The Load Mayor’s Showウェブサイト

広告

タグ: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

Hipster London で「The Load Mayor’s Show (Festival)」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。